チュートリアル 1章まとめ github heroku など

git とはバージョン管理ツールで開発現場においては必要不可欠。プロジェクトのコード履歴を追ったり、誤って削除してしまったファイルを復旧(ロールバック)できたりする!!

 

 $ git config --global alias.co checkout (自分でコマンドをカスタマイズできる 例→ co がcheckout の意味)

 

 $ git init  (デポジトリを作成するたびに必要なコマンド。Railsアプリケーションのルートディレクトリに移動し、新しいリポジトの初期化を行う)

 

$ git add .  (ファイルを追加)

$ git status  (ステージングエリアにあるファイルのリスト表示)

$ git commit -m "Initialize repository" (変更を保存する""内は日本語も可)$ git log (コミットMessageの履歴を参照)

 

 Github とはリポジトリの置き場所や開発者同士でそれを共有するためのもの。メリットはソースコード(変更履歴)の完全なバックアップを作成することと、共同作業を簡単に行うことが可能。

 branch(ブランチ)ブランチを簡単に高速で作成できる。ブランチは基本的にはリポジトリのコピーで、ブランチ上では元のファイルに触らずに新しいコードを書くなど、自由に変更や実験を試すことができる。

$ git checkout -b modify-README
Switched to a new branch 'modify-README'
$ git branch
master
* modify-README


git branchは単に全てのローカルブランチを一覧表示しているだけ。*はそのブランチが現在使用中であることを表す。

一番目の

git checkout -b modify-READMEコマンドでブランチの新規作成とそのブランチへの切り替えが同時に行われていることに注目!!
 

edit(編集)

$ git mv README.rdoc README.md
$ subl README.md

一つ目はmvコマンドを使い拡張子をmdに変更。mdだと自動的にドキュメントが綺麗に整形されるらしい。二つ目はサブライムで編集するという意味

 

commit(コミット)ファイルやディレクトリの追加・変更を、リポジトリに記録する。

コミットを実行すると、リポジトリの内では、前回コミットした時の状態から現在の状態までの差分を記録したコミット(またはリビジョン)と呼ばれるものが作成されます。

$ git commit -a -m "Improve the README file"

""内のコミットMessageは現在形で記述する

 merge(マージ)和訳→合併する

複数の履歴の流れを合流させることができる


ファイルの変更が終わったので、マスターブランチにこの変更をマージさせる。

$
git checkout master Switched to branch 'master' $ git merge modify-README Updating 34f06b7..2c92bef Fast forward README.rdoc | 243 -------------------------------------------------- README.md | 5 + 2 files changed, 5 insertions(+), 243 deletions(-) delete mode 100644 README.rdoc create mode 100644 README.md

 

 最後にプッッッッッッッッしゅ!!!!!!!!!

READMEファイルの更新が終わったので、GitHubに変更をプッシュして結果を見てみる。既に一度プッシュを行ったので、大抵のシステムではgit pushを実行するときにorigin masterを省略できるらしい。

 $ git push
これでいい感じにREADME.mdファイルが整形されてる!!なるほど!!

 

 

f:id:snsn19910803:20150816192052p:plain

 

自分用のノートみたいな記事でしたが、復習として効果的だと感じました!
 がんばる