読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tutorial 3章 まとめ

 テスト駆動開発 → エラーを徐々に直していきながら改善していく

 

今回の場合

$ rails generate integration_test static_pages

コマンドで

static_pages_spec.rbが生成される!

ここにテストコードを記述していく!

require 'spec_helper'

describe "Static pages" do

  describe "Home page" do

    it "should have the content 'Sample App'" do
      visit '/static_pages/home'
      expect(page).to have_content('Sample App')
    end

    it "should have the title 'Home'" do
      visit '/static_pages/home'
      expect(page).to have_title("Ruby on Rails Tutorial Sample App | Home")
    end
  end
end

 

$ bundle exec rspec spec/requests/static_pages_spec.rb

コマンドで適宜確認する!

これの繰り返し

 

新しいページを作る度にroutes.rbにルーティング

f:id:snsn19910803:20150818193233p:plain

こんな感じで書いてあげるということね!

 

なんかすっきりした!

着々と理解してきた!

がんばるぞー

 

 その他にこの章で学んだこと

* 複数ページを作るときにdon't repeat yourselfの精神で書ける

<% provide(:title, 'Help') %>
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Ruby on Rails Tutorial Sample App | <%= yield(:title) %></title>

<% provide(:title, 'Help') %>により

:titleが 'Help'と関連づく

 

それを<%= yield(:title) %>

で呼び出すことができるためHelpと表示される!

ここもすっきり!