読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録  ||=

チュートリアル8章に登場する以下の文法を完全に理解しようという記事です。

 

def current_user

   @current_user ||= User.find_by(id: session[:user_id]) 
end
#Userオブジェクトそのものの論理値は常にtrueになることです。そのおかげで、@current_userに何も代入されていないとき(nilの時)だけfind_by呼び出しが実行され、無駄なデータベース読み出しが行われなくなります
#。Rubyでは、nilとfalseを除いて、あらゆるオブジェクトの論理値がtrueになるように設計されています。さらにRubyでは、||演算子をいくつも連続して式の中で使用する場合、項を左から順に評価し、最初にtrueになった時点で処理を終えるように設計されています

 

||= を徹底的に理解する。


この「||=」(or equals) という代入演算子Rubyで広く使用されているイディオムであり、先輩に使いまくるから絶対理解しろって言われた、、、

多くのコンピュータプログラムでは、以下のような記法で変数の値を1つ増やすことができます。

x = x + 1


x += 1 のように短縮形が使える

例 $ rails console

>> x = 1
=> 1
>> x += 1
=> 2
>> x *= 3
=> 6
いずれの場合も、●という演算子があるときの「x = x ● y」と「x ●= y」の動作は同じです。

Rubyでは、「変数の値がnilなら変数に代入するが、nilでなければ代入しない (変数の値を変えない)」という操作が非常によく使われます。or演算子||を使用すれば、以下のように書くことができます。

>> @foo
=> nil
>> @foo = @foo || "bar"
=> "bar"
>> @foo = @foo || "baz"
=> "bar"
nilの論理値はfalseになるので、@fooへの最初の代入「nil || "bar"」の評価値は"bar"になります。同様に、2つ目の代入「@foo || "baz"」("bar" || "baz"など) の評価値は"bar"になります。Rubyでは、nilとfalseを除いて、あらゆるオブジェクトの論理値がtrueになるように設計されています。さらにRubyでは、||演算子をいくつも連続して式の中で使用する場合、項を左から順に評価し、最初にtrueになった時点で処理を終えるように設計されている。

上記の演算子をコンソールセッション上で実際に実行して比較してみると、@foo = @foo || "bar"はx = x O yに該当し、Oが||に置き換わっただけであることがわかります。

x = x + 1 -> x += 1
x = x * 3 -> x *= 3
x = x - 8 -> x -= 8
x = x / 2 -> x /= 2
@foo = @foo || "bar" -> @foo ||= "bar"
これで、「@foo = @foo || "bar"」は「@foo ||= "bar"」と完全に等しいことがわかる。

この記法を現在のユーザーのコンテキストで使用すると以下のように簡潔なコードで表現できるようになります。

@current_user ||= User.find_by(id: session[:user_id])

 

なるほど!!

おk!!!