SIerからWebエンジニアに転職してみて思ったこと

まず強調して言いたいのが、エンジニア歴1年のクソ雑魚エンジニアが必死に頑張っているという前提で見てくださると幸いです。

前職のSIerから某Webサービス会社に転職してみて思ったこと、何が違うのか、今の自分の課題、個人としての今後の目標をこの記事で整理できればと思います。

前職はRubyエンジニアとして1年間在籍しました。 そこからどうしてもサービスの会社に行きたいと思い転職活動をした結果運よく1月から働けることになりました。 ちなみに前職の総社員数(アルバイト等含む)が20人くらい、転職先は50人くらい、サービスの規模はMAUで600万PVくらいのとこです。

今月から働いておりますが、毎日キャッチアップで必死です(特に膨大なソースコードの理解が....) レベル的にはチーム開発が最低限できるような初心者同然で、個人的にサービスとか作っていますが、今の会社のソースコードはちんぷんかんぷんに感じることがほとんどです...

エンジニアの中で圧倒的にできない私で、辛いことも多いですけど、周りの人はスーパーな人ばかりなので、指摘をもらうたびに感動で涙が出そうになります。 いまの私のフェーズで最も成長するにその組織で最下層にいることが重要なんだと実感しています。 同僚エンジニア同士の何気ない会話さえ、すごい勉強になるのでボイスレコーダーでとっておきたいです。

1日の流れ

  • チケットをこなす(実装) チケットの起案者(全社員)とこういう機能があったらいいよねみたいなコミュニケーションを交えつつサービスに反映していきます。

  • 毎日30分のフィードバック 今日は何をして何がわからなかったか、課題、改善策、改善結果、明日までの宿題(例えばRubyのHashクラスのメソッドを全部覚えてくるみたいな....)を毎日してもらっています...

  • 打ち合わせ、会議

だいたいこれであっという間に1日が終わります。退社時刻は平均で22時くらい

成長の実感

1月から働いて毎日があっという間で自分が成長している実感なんてまだわかりませんが、一つ言えるのがコミュニケーション能力が確実に上がった感があります。 これは自分の中で感動するレベルです。無意識に気づいたらこの人と話してるみたいなことが頻発しています。日常生活においてもふとした時に他人と話すことができるようになりました。 技術的にはコーディング以外に加えて、インフラ、ネットワーク的なことにも関わるので自然とわかってくるなーって感じです。

課題

サービス志向エンジニアになる! サービス系の会社でエンジニアでいる以上はサービスの成長に責任を持たなければなりません。毎日の面談で技術力つけたい主張をする私に対し上司は毎日サービスが良くなることが最重要なんだよと強く言い返されています。 もともとすごいサービスを作りたくてエンジニアになった私ですが、ここが一番の課題で難しいです。仮定があって、改善案を出すことはできますがその後の数字に責任を持つと考えると慎重にならざるを得ません....自分のサービスの時にはどうなってもいいやみたいな感覚ありましたが会社のサービスでそんなことできません。

所感

これは少し言い難く私の勝手な思い込みを言わせていただくと、エンジニアドリブンの会社が最強な気がしています(素晴らしくサービス志向できるという前提で)。どうしてもビジネスサイドとのコミュニケーションをしてるうちにスピード感が遅れてしまっているなと感じています。(disってるわけではなく理想を書いてるだけでビジネスサイドすごすぎです)

この会社での目標

  1. フルスタックのエンジニアになる
  2. サービス志向を極める

全然まとまっていませんが以上!!